読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年間勤めた職場のこと

日記 妊娠中 思ったこと


 パートで1年間勤めた職場を辞めて、そろそろ1週間になる。生活にめりはりがなくなって、何となくぼんやりと過ごしてしまう。前、働いていなかった時は、何をしてたんだっけ。ジムとか行ってたな。今、行けないからなー。里帰りまであと1ヶ月ちょっと、やることは色々あるはずなのだけど。

 勤務の最後のほうは、出社する度に心の中でカウントダウンしては、寂しくなっていた。産休制度もあるし、できるならこのままずっとここで働きたかった。でも夫の仕事がこれからどうなるのか、この先どこで暮らしてゆくことになるのか、まだ見えないから。いつかこの街に戻ってくる可能性もなきにしもあらずで、そうなったらまたこの会社の求人を見てみよう、なんて思ったりする。

 そんな風に思うくらい、いい職場だった。たぶんもっと長く勤めたり、もっと責任のある立場だったりしたら不満も出てくるのだろうけど、びっくりするくらい何の不満もなくて、仕事の内容も、一緒に働いている人たちのことも好きで、楽しく働いた1年間だった。

 退職した日は、月に1回の会議の日だった。一緒のチームの人たちが全員出社して、担当の社員さんも来る日だから、シフトを作っているリーダーが、最後の日をその日に合わせてくれたのだ。会議の終わりに、みんなに向けて退職の挨拶をした。先月、同じように妊娠して退職した人がいて、挨拶をすることがわかっていたので、その日は朝から頭の中でずっと、なんて言おうかな、って考えてた。

「みなさん本当に親切で楽しい方々で、私自身もとても楽しく働くことができた1年間でした。至らないところもたくさんあったと思いますが、本当にお世話になりました。ありがとうございました。」

平凡だけど、そんなようなことを、みんなの顔を見ながら話したら、一人の人が、「ちょっとうるってきちゃったよ。」なんて後で言っていて、私もちょっとうるっときた。

 午前中いっぱい会議で、普段なら半分くらいの人は午前だけで帰るのだけど、その日はみんなお昼ご飯を持ってきて、送別会を開いてくれた。そのまま、会議室の大きな机を囲んでご飯を食べた。デザートにプリンも用意されてた。私も最後のお礼として、アンリ・シャルパンティエのフィナンシェを買ってきていて、みんなに配ったけれども、なんか値段のわりにちっこいのよね、アンリのフィナンシェ。おいしくて使い勝手がよくて、大好きなんだけど、今回ばかりは、もっと大きいものを買ってくればよかったなあ、とか思った。私の気持ちの大きさに足りないってゆうかさ。その後、個別でもちょこちょこと送別のプレゼントをもらったりして、うれしくて、申し訳なくて、ますますそう思った。最後のお昼も、いつもみたいにたくさん笑った。話題は、「夏休みの宿題、いつやるか問題」「エレベーターでおならする人」など。
 
 午後の仕事はどうにも上の空だった。でもあっという間に時間は過ぎ去って、身の回りのものを片付けて、社員証も返して、再び最後の挨拶。シフトによって退社時間が違うから、まだ仕事中の人もいるんだけど、立ち上がってみんな見送ってくれた。リーダーの人が、「なんか寂しいねー。」って言ってて、なんか、わりとほんとに寂しそうで、働いたの、たった1年だけだったのに、そんな風に言ってもらえてありがたいなーって思った。私もほんとうに寂しい。

 実は、在宅でも細々とこの仕事を続けられそうなので、ご縁はまだつながっている。育児で休み休みになってしまうだろうし、お金はだいぶ安いけれども、細く長く、これからもつながっていけたらなあ。と思う。


***


 以前、正社員として働いていた職場を辞めた時、私はどこか心の中にわだかまりを残していて、それはその職場で色々な失敗をしてしまった、という後悔があったからだった。その反省があって、今回は、失敗しないようにしよう、失敗しないようにしよう、とわりと用心深く働いていた。その自分の心がけの結果、今回はこんな風な気持ちで退職することができたので、よかったな。前の失敗を、少しだけ取り戻したような気持ち。人生ってこんな風に、新しい環境に飛び込んでみれば、以前失ったものをまた、取り戻す機会がめぐってきたりするものなんだろうな。

 ボロを出さないように、とあまり話しすぎないようにしていたこともあり、最初のうちは、自分を出せない、という感じもあった。でも、別にそれはそれで構わないっていうか、そういう状態にも慣れるし、少しずつコミュニケーションを取ってゆくうちに、言葉の端々や、体の動きなんかから、自分の欠片みたいなものはポロポロとこぼれ落ちてゆくもので。いつの間にか、その中でのキャラみたいなものも、何となく形作られてたなあ。それをそのまま受け入れればいいんだな。

 こういう色々な感慨も、きっと通り過ぎたら、薄まってしまう。でも、忘れないようにちゃんと記しておこうと思った。色々な学びのあった1年間だったな。

これまでのブログの振り返り(自選集)

日記 言葉とか表現とか


 もうすぐ妊娠7ヶ月目に入る。もっとブログを書きたいなあと頭では思うけど、目の前の生活と迫り来る未来のことでいっぱいいっぱいで、なかなかその気にならない。子どもが生まれたらますますそうなるんじゃないかと思うし、書いても育児的な内容ばかりになる気がする。そうなったらブログを分けるかもしれない。

 子どもが生まれる前に、備忘録として、不妊治療的な経験についてと、妊娠中の生活についての総括は書きたいなあと思っているんだけど、その前にふと、これまでに書いたことを振り返りたくなった。

 ので、今回はこれまでのブログの自選集的なやつです。自分で書いたもののなかでわりと気に入っていたり思い入れのあるものを選んでみた。2015年の2月にブログを書き始めて、今現在で125記事も書いている。わー。(「エントリ」って呼ぶのなんかはずかしいので、記事って呼びますね。)


***


anohika.hatenablog.com

初めて腰を据えて自分のことをがっつりと書いた記事。(冒頭の「村上さんのところ」リンクきえてるけど…)書きながら涙がぽろぽろでてきたのを覚えてます。チクリと棘が刺さっているみたいに、自分の中でずうっと引っかかっていた会社員時代の経験を、前向きな思いで塗り替えようと思って書いた。そんな風に人は自分なりの物語を紡いでゆくのです。



anohika.hatenablog.com

今週のお題」に則って、何となくさらさらと書いた記事だったのだけど、今読み返してみると、春になるといつも感じるあの微妙な気持ちを、我ながらわりと的確に文章でつかまえられているなあと思った。こういうのって、書こうと思って書くとなかなか書けないのよね。



anohika.hatenablog.com

人に何気なくかけられた言葉が、その後の自分の人生にずっと残っていたりすること、あると思うけど、そういう言葉のうちのひとつについて書いた。これも「今週のお題」に則って書いたのだけど、与えられたテーマでとりあえずって感じで何か書き始めてみると、うすれていた思い出や、思いがけない言葉がぽろぽろとこぼれてきて、自発的に書くよりも発見が多かったりした。



anohika.hatenablog.com
anohika.hatenablog.com
anohika.hatenablog.com

ブログを書いている理由とか、言葉や文章や表現についての思いとか。断片的で、あまりまとまっていませんが。



anohika.hatenablog.com

わりとこういう風に、自分の心内文をさらさらさらーと書くのが好きです。外側では何も起こっていないようでも、自分の心の中では、日々色々な思いがわき起こっては消えていく。おぼえているうちに書き留めないと、すぐに忘れてしまうようなとりとめのない思い達です。



anohika.hatenablog.com

夫の男性不妊が発覚した時の、率直で純粋な気持ちを書いたもの。The Flavor of Lifeきくと、いつも泣いちゃうよね。


anohika.hatenablog.com

結婚生活についての、わりとポジティブな思いを書いたもの。


anohika.hatenablog.com

不妊治療といえるほどかはわかりませんが、そういう期間を経て、妊娠したかもしれない、という報告の記事です。気恥ずかしさもあり、直接関係ない話題ばかりを書いてみて、最後にちょこっと。


***


 以上です。

 自分の文章を読み返してみると、人生の色々な段階の思いが切り取られていて、面白い。中には未熟で目を背けたいものもあるけれど…。やっぱりこれからも細々とでいいので続けていきたいな、ブログ。がんばろう。

シンプルな力強さ(ハンバートハンバート「FOLK」)

好きなこと 音楽


 最近ハンバートハンバートの「FOLK」ってアルバムを買った。

FOLK(初回限定盤)

FOLK(初回限定盤)


 ハンバートハンバートの音楽は、朴訥とした明るい歌声と調べにのせて、ただただ悲しいだけのことを歌っていたりして、(明るい曲もあるけれど、私が初めて聴いたアルバムが「まっくらやみのにらめっこ」だったから特にその印象がつよいのかも)、そういうところが好きだったりもしたのだけど、今回のアルバムにはそういう感じはなかった。シンプルで潔く、力強い曲たち。それはそれでまた、とてもよかった。

 今月初めに「頂」っていう静岡のフェスに行ったのだけど、ハンバートハンバートも出演していて、夕暮れから夜にかけての時間帯で、明かりを消したステージにキャンドルをたくさん灯して、お客さんはみんな座って聴いていた。(「キャンドルステージ」っていう企画だった。)


 ハンバートハンバートのパブリックイメージは、ほっこり系、今回のようなキャンドルを灯したステージで、お客さんがシャボン玉とか吹いちゃうような、そんな感じなのかもしれなくて、(ステージはめちゃよかったけどね!)(あとはアセロラ体操の歌のイメージも強いかもね)、でも佐藤さんは、それを今までなかなか受け容れられなかったのかも。と、このインタビューを読んで思った。

ハンバート ハンバート「FOLK」インタビュー (6/7) - 音楽ナタリー Power Push

 でも、べつにいいじゃん!それはそれで、ドカンとやっちゃえばいいじゃん!みたいな、よい意味での開き直りが感じられるアルバムだったと思います。


 何せ私も、このアルバムを聴いてたら久しぶりにギターを弾きたくなった。海外赴任に帯同した時に、むこうで退屈したら練習するかな、と思って、小さな安いアコギを買ったのだけど、今まで数えるほどしか触っていなかった。まあもともと大したモチベーションもないからしょうがないんだけど、いわゆる「弾き語り」みたいなので、弾きたいなーって思える曲も思い浮かばないなかったんだよね。な、長渕とか?ないない…みたいな。

 だけど初めてくらいに、コレコレ!こうゆうのやってみたい!って感じがしました。親切なことに、アルバムの歌詞カードには全曲コードが掲載されている。まあ、実際に練習するかはわからないけどね!


 ちなみにこのアルバムは、12曲中5曲がカバー曲なのだけど、その中の「N.O.」という電気グルーヴの曲の原曲を知らなかったので、探して聴いてみた。


N.O. - ハンバート ハンバート


Denki Groove - N.O. [Live at FUJI ROCK FESTIVAL 2006]

 何コレめちゃかっこいい…!このフジロックの動画、最高すぎる…!!思わずひとりで踊ってしまった。おはずかしい。動画をPCの全画面表示にして、部屋を暗くして踊ると、フェス気分に浸れます。

(先週の土曜日に書いたやつ)

日記 わりとどうでもいいかも 妊娠中


 眠い、眠い。昨日夫が飲み会で酔っ払い気味で帰ってきたと思ったら速攻寝たのだけど、ものすごいいびきで眠れなかった。夫は元々いびきがうるさい人で、本人もそのことを気にしていて、いびきをおさえるためののどちんこを短くカットする手術まで受けていて、それで普段はだいぶましになったのだけど、酔っ払うとのどもとがゆるむみたいで、いびきが復活するのだ。

 最近夜寝付けない。私は寝つきが悪くて、心配ごとがある時は次から次へと頭の中に物思いが浮かんで、そんで今の時代はスマホなんかが枕元においてあるせいで、心配ごとの解決方法などを検索し始めてしまうともう、止まらない。眠れない。だったらスマホを遠ざければいいのだけど、目覚ましに使っているので、枕元という定位置からは動かせない。そういう日々が続くと生活リズムが乱れて、日中変な時間に寝てしまったりして、ますます夜眠れなくなる、悪循環。に、最近もまたはまってしまっていたのである。

 そんで、私は物音にも敏感なほうである。他人の独り言、鼻息のスピー音、食べる時のクチャ音、試験で隣の席に座った人がやたらに大げさにシャーペンを走らせるカッカッ音、田舎のヤンキーが夜中に鳴らすバイクのバカみたいなブンブン音、などなど、苦手なものは多々あって、あーあとテレビの流しっぱなしも苦手。場にそぐわないBGMも苦手。以前携帯ショップで説明を受けているすぐそばのスピーカーから、ガンガンにB'zが流れてきててね、B'zは嫌いじゃないんだけど、あれはもう空間の主役になっちゃう音楽だから。何かを説明される時のバックミュージックには全くそぐわないから。意識がぜんぶ持ってかれちゃってね、稲葉さんのハイトーンハイテンションボイスに。そんで全然説明が耳に入らなくて困った。とにかく、耳に入ってくる音ぜんぶに敏感に反応してしまって、聞き流すっていうのがじょうずにできないのだ。

 で、最近夜寝付けなくて生活リズム乱れてるのが辛くて、でも翌日仕事だから、今日こそはしっかり睡眠とりたい!これを機にリズムを正したい!って、昨日は23時くらいから布団入ってたんですよ。それなのに23時半頃帰ってきた夫が、酔いに任せて瞬発的にワーッと騒いで私の眠りを妨げたくせに、自分は即眠りについて、ものすごいいびきをかいてるわけで。もちろん私、他人のいびき音もめっちゃ苦手なわけで。

 そんで、うるさいやら眠れないやら夫が憎いやらでほんとうに辛くなってしまって泣いた。泣きながら寝た。結局3時間くらいしか眠れなくて、今日の仕事はめっちゃ辛かった。それだけです。

みんなおめでとう

日記 思ったこと 妊娠中


 お久しぶりです。気がつけば妊娠5ヶ月目、安定期に入っていました。ある時急に気分が晴れ晴れとして、やる気とか、好奇心とか、食欲とか、明日への希望とか、つわりに苦しんだ灰色の日々のなかで、すっかり遠くなっていた、前向きな気持ちが諸々戻ってきて、ああ、普通の状態って、こんなだったんだ…!何でもないようなことって、幸せだったんだ…!って、しみじみ思いました。

 以前友達が、「安定期に入ったら猛烈に食欲がでて、毎日ケーキを焼いてた」なんて話してるのを聞いて、フム~ン、手作りすごいナーなんて他人事みたいに思ってたんですけど、私も安定期に入った途端、猛烈に甘いものを欲し始めて、あと、塩分がちょうどいいのかな、ご飯よりもやたらにパンが食べたくて、埃かぶってたホームベーカリーをいきなり毎日のように稼働させてパンやらケーキやらを作りまくり始めて、なんか今まで全然興味なかったのに手作りパン教室とか行きたいナーとまで思い始めて、「ああ、あの時あの子が言ってたのはこういうことだったんだ…!」って実感している今日この頃でございます。

 友達にも、会った人や、たまたま連絡が来た人なんかには、ぼちぼち報告し始めて、職場でも、ようやくみなさんに報告することが出来て。そうしたら、周りから、「実は私も◯ヶ月で…!」という声が次々にあがって、驚く。

 
 わー、やっぱりそういう年頃だよなー、これがラッシュってやつなんだなー、と思って、なんかみんな妊娠してるし、私の妊娠ってべつに特別なことじゃないんだろうなーって、一瞬さびしくなったりもして、そんな自分の思考回路に、結構うんざり。ばかじゃないのー、元々特別なオンリーワンだって、あんなにも歌に歌われているっていうのに、この期に及んでまだそんなこと思っちゃうなんてね。

 短い期間ではあったけど、不妊で悩んで、ようやく授かって、喜んだのも束の間、つわりでオエオエ苦しんで、その最中には、そういった諸々のことを、人に話せずにいた。子どもができないかもしれない。できても、流産してしまうかもしれない。そんな不安ばかりが大きくて。

 でも今、それらの段階を何とか乗り越え、ようやくハッピー☆マタニティライフがやってきた!って感じがして。「今まで辛かったよー!」って人に話したくって、「辛かったねー!がんばったねー!」って、人に言ってもらいたくって。そんな気持ちが急に、爆発してしまったみたいだ。

 いやいや。私だけじゃなく、それぞれの人にそれぞれの事情があって、きっと色んな段階を経て、今がある。そんなあらゆるパターンぜんぶ、忖度してもらうことなんてできないよ。みんなおめでとう。みんなよかったね。それで十分だ。それだけでいいじゃないか。全くもう。

 これまでの労いなんていらない、今、ハッピーなんだから、ひとまずそのことを喜ぼう。まだまだこれから臨月やら出産やら育児やら、色々な大変なことが待ち受けているんだろうから、その前のちょっとした中休みだ。楽しむよ。