友達に会いたい


 友達に会いたい。って、ずっと思ってた。最近。

 つわりで体調は常に低空飛行で、乗り物に乗ると吐き気がこみ上げるので、誰かを誘ってまで出かける勇気は出ないのだ。でも会いたい、会って色々話したい。もしも人から誘われれば、きっと吐き気を押して、がんばって出かけられる。

 去年は4月の初め頃に帰省する用事があって、ちょうど桜の時期に重なったから、友達数人に声をかけて、お花見に行ったのだ。桜の下で、ビールを飲みながら、デパ地下で買い込んだ美味しいものを食べて、楽しかったな。でもやっぱりすこし寒かったから、次回のお花見はカセットコンロを持ち込んで、外鍋したいね。なんて話してたんだよね。私は肉係、○○は野菜係、△△は〆のうどん係、ってな感じで、それぞれ材料を持ち寄って。そんなの、絶対おいしいし、絶対楽しい。そんな話が出てたから、今年もみんなでお花見できるんじゃないかって、ちょっと期待してたのだけど、社会人の通例で、口先だけで終わってしまった。元気だったら、今年もまたみんなに声をかけたかったけど、今は受身でしかいられないのだ。

 今年は夫とふたりでお花見。それはそれでもちろん、楽しいんだけどね。近所に、最高の桜スポットを見つけたのだ。川沿いに、ずーっと桜並木。川原には菜の花も植えられていて、黄色とピンクのコントラストがきれい。すてきな風景を見ると、心がすーっとする。

 夫は優しい。つわりで冷蔵庫と台所の匂いがすっかりだめになってしまったのもあり、この1ヶ月私はほとんど料理をしていない。夫が買ってきたり、作ってくれたり。とてもありがたいのだけど、夫は料理のセンスがあまりなく、だけど私の栄養を考えて、工夫して色々と作ってくれたりする。でもちょっとイマイチな感じで、食べられなかったりもする。そんな自分がふがいなく、申し訳なく、泣ける。思うように体が動かず、イライラしてしまう日もある。でも夫はいつも優しく話を聞いてくれる。ありがたい。

 妊娠のことは夫と親にしか話していなくて、近頃は小さな小さな世界で、つわりの気持ち悪さをこらえながら生きてた。仕事は変わらずしていて、通勤で電車に乗るのはいつも辛い。でも仕事をして、無理にでも外の世界に出たほうが、すこしはましなのだった。それでも、それだけじゃ足りなくて、友達に会いたかった。何にも考えず、何の気も遣わずに、どうでもいいことを話して、笑ったりしたかった。

 昨日の夜急に、友達から電話がかかってきた。ちょっとした用事で、来月会うことになった。

 電話がかかってくる直前まで、気持ち悪さに苦しんでいたのだけど、友達と話していたら、それはすーっと遠ざかっていった。(しばらくしたらまた戻ってきたけど。)楽しみな予定ができたら、心に風穴があいたみたいに、すこし前向きな気持ちも湧いてきたんだった。

広告を非表示にする