考えと意見


 考えの断片は色々あるのだけど、それをつきつめてゆくキャパシティがない日々。ブログの下書きばかりが増えてゆく。とりあえず多少仕事を増やしても家事はこなせることはわかったのでほっとしている。

 私、ブログに何かに対する意見を書きたいわけじゃないんだなあと思う。自分が考えたこと、その道筋をメモしておきたいだけ。それがこれからの自分の人生にとって、とまで書くと大げさかもしれないけど、意味があることだとも思っている。なんというか、口下手を直したいので、スムーズに言葉を発するために、自分の考えを日ごろからまとめておくのはよいことだとブログを書いていて実感している。

 その副産物として、私のブログを読んで何かしらを感じてくれる人がもしいたら嬉しい、という気持ちはもちろんあります。人数は少ないけど読んでくださる人がいるから、個人的な内容のブログでも、継続して書いてゆくモチベーションになる。ただそこに重きを置き始めると、欲が出て、書きたいことも書けなくなったり、とかあるので、そうならないようには心がけている。

 意見を書いて、シェアしたいとか、議論したいとか、はないんだなあ。それがよいとか悪いとかいうことじゃなくて、自分の中に、そういう積極的な意志や強さがない。

(ただひとつ例外があって、不妊の話題についてはシェアしたいという気持ちがある。身近な人に相談しづらいことなので、ネットの情報がほんとうに頼りで、希望になったりもするから。私自身の体験もそういう風になれたらと思うから。でも読む人を選ぶ話題だと思うので、今後そのことについて書きたくなったら、ブログを分けようと考え中。)

 自分の考えがある、ということと、意見をする、ということは違う。対面上のコミュニケーションでは、そりゃそうだって感じだけど、ネット上に公開するとなると、ただ自分の考えをメモとして書いただけでも、意見としてみなされることもある。それは「言葉にしてる」という時点で、当然と言えば当然だよね。でも大抵そこまでの覚悟はなかったりするんだから、線引きが難しい。今日のブログも意見と言えば意見なのかなあ。「つぶやきブログ」とかよくわからないカテゴライズをして、「ただつぶやいてるだけですよ〜」みたいに言っとけばいいのかなあ。うーん窮屈。


 なんて、バレンタイン前日に似つかわしくないことをつらつらと考えてしまった。でも久しぶりにするすると文章が書けたので嬉しい。普段お菓子作りをほとんどしないので、例年バレンタインは1年に1回お菓子作りをがんばる日、みたいになってたけど、今年はスルーしてしまいそうな気配がびんびんする。とりあえず板チョコ1枚は買ってきてみた。家にある材料で作れる超簡単なレシピ、今から探そう。

広告を非表示にする