あの日からのつづき


このブログのタイトルはなんとなく思いつきでつけたものだけど、ブログを書けば書くほどさもありなん。という気がしてきて、なかなか気に入っている。

今日も明日もいつだってあの日からの続きで、今生きているこの日も、いつかそんな風に思い出されることになるだろう。


***


今日は1年ちょっとぶりに、結婚式を挙げたホテルに行ってきた。
1周年のサービスで、無料でコース料理を食べさせてもらえるからだ。

そのホテルは通っていた大学のそばにあり、もともと思い出深い場所だったのが、そこで式を挙げたことで、更に大切で大好きな場所になった。
それくらい幸せで楽しい結婚式だった。

おいしい料理を食べながら1年前のことが思い出されて、楽しかったね、幸せだったね、これからもよろしくね、などと言い合った。


その後夫と別れて実家に帰ってきた。
幸せの余韻で気分が高揚しているのと、食後にコーヒーを飲みすぎたせいか、今、頭がさえて眠れない。

自然と、気持ちはどんどん過去に遡ってゆく。

色々なことが思い出されて、やっぱりそれは、これまでにこのブログに書いた色々なことと、すべてちょっとずつ繋がっているのだった。

ああ、何だか書きたいことが色々あるな。

全部つまらない自分語りになるけれど、こぼれ落ちて消えてゆく前に、やっぱり書きとめておきたい。

この気持ちはなんだろう。

わからないけど、でも。


この1週間、すこしブログを書くモチベーションが下がっていたのですが、初心にかえったような気持ちでこのセルフタイトル。

もう4時だ。
いい加減寝なきゃ。

広告を非表示にする